男性ホルモン ハゲ

 

「マッチョなお兄さんはハゲになりやすい」という噂を、聞いたことがると思います。
要するに男性ホルモンが多いと、それだけハゲになりやすいということを示しているのでしょうか?
しかし実際は、どこまでが本当でどんな部分が嘘なのかは分かりません。
その点はとても気になる部分ではないかと思うので、男性ホルモンとハゲの関係を調査してみます。

男性ホルモンで薄毛になるという噂

男性ホルモンが多い人は薄毛になりやすい、という話があります。
この男性ホルモンは人によってその量が異なりますが、たくさん持つ方には以下のような特徴が見られます。

◆マッチョで、よく体を鍛えている方
◆性欲が強く、中年でも脂ぎっている方

男性ホルモンの多い人は確かにハゲる人が多いですが、実際に周囲にそんな方もいるのではないでしょうか。
また体毛が濃い人は、髪の毛だけが薄いという人も多いような気もすると思います。
これはとても大切なことですので、実際に薄毛との関係性について考えてみましょう。

薄毛と男性ホルモンの関係あるって本当?

薄毛と男性ホルモンに関係があるのか、実際に薄毛の人は気になるはずです。
男性ホルモンが原因となり、薄毛になるということはもちろんあります。
AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンが元になっています。
5αリダクターゼという酵素によって、男性ホルモンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変化してしまい、AGAを発症します。
このジヒドロテストステロンという男性ホルモンが、髪の毛の成長を阻害する原因でもあるのです。

ジヒドロテストステロンで薄毛になる!その働きは?

ジヒドロテストステロン

男性側脱毛症はジヒドロテストステロンが原因と言われていますが、そもそもジヒドロテストステロンとはどういう成分なのでしょうか?

ジヒドロテストステロンというのは男性ホルモンの一種であり、薄毛に悪い影響を与えることで知られています。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)の前に、まずは、テストステロンの理解が必要です。

テストステロンもジヒドロテストロンと同じように、男性ホルモンの一種になります。男性ホルモンは名前にある通り男性はもちろん、女性にも少量ですが分泌されており、誰もが持っているものです。

 

このテストステロンに酵素の一つである5αリダクターゼが結びついた時にできるのが、ジヒドロテストステロンです。

 

ジヒドロテストステロンは毛髪の元になっている毛母細胞の働きを低下させる作用を持っていることから、薄毛と大きな関係があるホルモンとされています。

つまりはテストステロンが姿を変えたものが、ジヒドロテストステロンです。

テストステロン自体に害があるわけではなく、毛髪に対して悪い影響を与えるのはあくまでもジヒドロテストステロンに変わってから後のことです。

テストステロンは、むしろ薄毛の進行を抑制する働きもあります。

このジヒドロテストステロンを増やさないためには、5αリダクターゼを減らすことがとても重要だと言えます。

薄毛を改善するには5αリダクターゼを減らす必要がある

5αリダクターゼ

薄毛を改善するために、まずは5αリダクターゼを減らす必要があります。

5αリダクターゼが増加することで、テストステロンがジヒドロテストステロンに変わります。

それはつまり5αリダクターゼを抑制することができれば、ハゲの原因物質も抑えることが可能だということです。

 

5αリダクターゼは、男性ホルモンのテストステロンの影響によって強い男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに変わってしまう酵素になります。

この酵素には1型と2型タイプがあり、このうち2型5αリダクターゼがジヒドロテストステロンに変わるとされています。
体の中に作られたジヒドロテストステロンは、毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体レセプターと結びついて、正常なヘアサイクルのバランスを乱してしまうのです。

 

1型の5αリダクターゼは全身の側頭部や後頭部の皮脂腺にあり、2型の5αリダクターゼは前立腺や前頭部から頭頂部の毛乳頭に多くあります。

1型5αリダクターゼは皮脂腺に多いため、皮脂の分泌量が多い方や脂っぽい肌の人によく見られます。

また2型5αリダクターゼは毛乳頭に多いので、髭や体毛が濃い方に多いと言われています。

5αリダクターゼを抑制するにはAGA治療が効果的

AGA治療

AGAを治療するためには、5αリダクターゼを抑制することが大切です。

そのためにはAGAの治療薬である、プロペシアやミノキシジルを摂取することが有効とされています。

しかしこのプロペシアやミノキシジルという薬には副作用がありますので、健康に難がある人は注意が必要です。

 

まずプロペシアですが、この薬には様々な副作用があることが報告されています。

具体的には、頭痛、下痢、腹痛、眠気など医薬品によくある副作用の他に、頻尿、胃部不快感などの消化器系の問題もあります。

他に性機能障害にも注意が必要となり、プロペシアを服用することで男性機能が低下した人は少なくありません。

 

またミノキシジルもプロペシアと同じように、頭痛、下痢、腹痛、眠気の他に性欲低下や前立腺に対する副作用も見られます。

AGA治療に効果的な薬であっても副作用があるため、利用する際はAGA専門のクリニックなどできちんと処方してもらうようにしてください。

5αリダクターゼを阻害するには食べ物を利用するのも良い

5αリダクターゼを阻害するには食べ物を利用する

5αリダクターゼを無くすためには、食べ物を摂取することでも効果が見られます。

実は食べ物の中にも、5αリダクターゼの阻害に効果があるものがあります。

具体的にはノコギリヤシ、亜鉛、アロエ、イソフラボンなどが代表的です。

 

食べ物であれば副作用の心配はなく、安心して摂取できるのが嬉しいところです。

ちなみにノコゴリヤシには、リノール酸、リノレン酸、βシトステロール、オクタコサノールなどの成分が含まれています。

その他の成分も髪の成長に欠かせませんので、普段から摂取するようにしましょう。

性欲や射精とハゲは関係している?

性欲や射精とハゲ

性欲が強かったり、射精をするとハゲると言われることがありますが、実際はどうなのでしょうか?
性欲か強い人、またはセックスやオナニーでよく射精する人はハゲやすいという噂も実際にあります。
そもそも、どうしてそのような噂が存在しているのでしょう?
セックスなどの性行為を行うと男性ホルモンが分泌され、ジヒドロテストステロンが増える可能性があります。
そのため男性ホルモンが多い人は、ハゲる可能性が高くなります。
しかし毎日セックスやオナニーを行い亜鉛の消費や男性ホルモンの分泌が多くなければ、ハゲるというところまでは行かないことも考えられます。

それでも男性ホルモンの多い体質の方は、亜鉛が不足しがちなのは事実です。
結果的にAGAの悪化につながる可能性はあります。
また精液の原材料となっている亜鉛は、髪の毛の成長に欠かすことはできません。
ですので亜鉛の摂取が減ると、ハゲるというのも可能性としてはあるのです。
この亜鉛は髪の毛の成長を促すため、5αリダクターゼを阻害する働きも持っています。

男性ホルモンとハゲについてまとめ

まとめ

男性ホルモンが多いと薄毛になる、と言われています。
実際にそれはテストステロンが5αリダクターゼにより、ジヒドロテストロンに変化することで起こる現象であり、単なる噂だけでは片付けられません。
それを防ぐためには、その元となる5αリダクターゼを抑制することが大切です。
食べ物の摂取でも対策はできますが、専門のクリニックなどで相談してみるといいでしょう。