「最近、抜け毛が増えてきた」、「髪の毛が薄くなってきた気がする」と悩んでいる方もいると思います。
世の中で、抜け毛の悩みを持つ方は決して少なくありませんが、通常はどの程度の髪の毛が抜けるのでしょうか?
この抜け毛の本数がどの程度なのかを、詳しく見ていきたいと思います。

髪の毛は1日に何本抜けるのが普通か

抜け毛の悩みがある人にとって1日に抜ける髪の毛の本数は、とても気になる項目でしょう。
人によって抜け毛本数は異なりますが、どれくらいが正常で、どのくらいの抜け毛があると異常なのか理解しておくことは大切です。
人の抜け毛本数については様々な機関が調査していますが、それによると1日に平均で100本程度と言われています。
しかしその数値は、あくまでも平均です。

そのため人によっては、抜け毛本数が多くなることもあります。
そしてこの抜け毛に関係しているのが、ヘアサイクルです。
ヘアサイクルというのは、髪の毛が生えて抜けるまでの周期のことを言います。
ヘアサイクルに問題がなければ健康的な頭皮の環境が維持でき、逆に乱れると頭皮環境が悪化して抜け毛の原因になってしまうことがあります。
なおヘアサイクルは、成長期、退行期、休止期に分かれており、成長期に新しい髪が生まれます。

抜け毛が増えたかどうかチェック

抜け毛の悩みがある方はその本数を気にするとは思いますが、1日に抜ける本数が100本と言われても、実際にはなかなか分からないでしょう。
そのため普段から、しっかりと自身でチェックしておくことが大切です。
抜け毛本数のチェックの仕方には様々ありますが、以前よりも抜け毛が増えているかどうかで見極めるのが早いです。

抜け毛がどれくらいあるのか、常に色々な場所をチェックしてみましょう。
布団や枕に付いている量、お風呂場の排水口など、可能性があるところを探してください。
また同時に、自身の髪の毛の生え際などを観察しておくといいでしょう。
生え際を観察しながら記録も付けておけば、今後の対策法を考える時の参考になります。
そして抜け毛に細くて短い毛が入ってない、というチェックも忘れないでください。
これでヘアサイクルの乱れも分かります。

最も髪の毛が抜けるのはシャンプー

髪が抜ける原因として、入浴した際に使用するシャンプーもその1つとされています。
髪を洗う際にはシャンプーを利用する、という人がほとんどだと思います。
中には毎日シャンプーして、頭皮をキレイにしている方もいるでしょう。
このシャンプーの仕方にも、注意する必要はあります。
人によって差はありますが、この時に50本くらい抜けることもあるからです。

ただシャンプーで髪をキレイにすることは、とても大切です。
洗い方にだけ注意しておけば安全です。
頭皮にある余分な皮脂を洗い流し、フケや雑菌などを防いでください。
具体的には、以下の方法で行いましょう。

◆最初はシャワーのみを使い、髪の毛に付いたゴミやホコリを洗い流しておく
◆シャンプーを泡立て指の腹でマッサージをしますが、爪や指先などで強く擦らない
◆すすぎ残しがないように、泡を念入りに落とす

頭皮への刺激を減らすことが抜け毛予防には大事

抜け毛を減らすには、頭皮に対する刺激を減らすことが何よりも大切です。
人によって刺激の程度は異なりますが、抜け毛本数が多い方は普段の生活にも注意しておきましょう。
春夏秋冬、1年には4つの季節がありますが、この中で特に注意が必要なのが夏場です。
夏場は紫外線の量が多く、頭皮への紫外線ダメージはかなりのものになります。
そのため外出する際は、帽子を着用するなど予防策が必要です。

曇りの日も油断してはいけません。
夏場はたとえ曇っていても、紫外線の量は変わらず多くなります。
晴天の日と同様の防止策を施しましょう。
この場合はメッシュ素材などの蒸れにくい帽子を着用する、などの工夫をすると良いでしょう。
またエアコンによる頭皮の乾燥にも気をつけてください。
他にも暑さによる食欲不振やストレスが、抜け毛を招く大きな原因となります。

AGAの場合は1日500本以上も抜ける事がある

若いうちから抜け毛が急に増え始めたら、AGAのサインの可能性があります。
男性型脱毛症AGAは抜け毛やハゲの大きな原因を占めており、人によっては1日に500本以上抜けることもあるようです。
1日100本程度であれば気づかないかもしれませんが、500本程度の本数になると布団や枕、シャンプーをする時でも気が付くのではないかと思います。

夏場を始め季節的に抜けやすいと言われる秋であっても、せいぜい300本くらいまでが正常です。
ですのでAGAが、如何に異常な状態にあるかが分かるでしょう。
このような状態が続けばハゲになる可能性が高まるため、日頃から注意しなければなりません。
このAGAが原因となり、毛根のヘアサイクルが乱される可能性が高いと言えます。

AGA(男性型脱毛症)はヘアサイクルの乱れを引き起こす

AGAで悩んでいる方は、ヘアサイクルの乱れについても注意を払うようにしてください。
健康的なヘアサイクルの場合、3~6年程度で1つの周期が回ります。
また成長期の段階で髪の毛を十分に成長させた後、退行期に入って自然脱毛が起こります。
そしてこの自然脱毛の後に、また新しい毛根を発生させるのです。
これが正しいヘアサイクルですが、AGAを発症するとこのヘアサイクルが乱れてしまいます。

AGAの主原因とされているジヒドロテストステロン「DHT」によって、成長段階にある毛も強制的に脱毛させて休止期に入るのです。
毛根がAGAの影響を受けた際には成長期が半年程度の短さになり、髪が細くなったり短くなったりします。
普段から対策を行っていくことは重要です。

AGAかもと思ったら抜け毛の毛根をチェック

自分がAGAかもしれないと思う節があれば、すぐに抜け毛に付いた毛根をチェックしてください。
具体的には以下の通りです。

◆自然脱毛「正常な範囲の脱毛」の場合
自然脱毛の場合は根元が白い色をしており、マッチ棒みたいな丸みを帯びた球根形になります。

◆AGAによる異常脱毛の場合
こちらは毛根にドロッとした、白っぽい皮脂が付着している場合が多いです。
AGAが原因で皮脂の過剰分泌状態になることが多く、後ろ髪などの毛が細めになるのが特徴です。

シャンプーと育毛剤による抜け毛対策が大切

抜け毛が気になる方は、シャンプーと育毛剤による対策を施しましょう。
まずは育毛シャンプーで頭皮ケアを行い、その後にシャンプーでキレイにしてください。
またこの時は、使用するシャンプーにも注意しましょう。
安いシャンプーを利用する人もいるようですが、安価なシャンプーには硫酸系の化学成分がたくさん入っています。
おすすめは育毛シャンプーです。
このシャンプーは十分な洗浄力を持っており、頭皮にとても優しいからです。
これらのシャンプーには、保湿成分や血行促進成分などが多く含まれているため、頭皮環境の改善効果も期待できます。

育毛剤ですが、ポイントはAGAに対応できる成分が含まれている製品を使用することです。
抜け毛の原因である、ジヒドロテストステロンを抑制する成分が必要であり、具体的にはヒオウギエキスやオウゴンエキス、チョウジエキス、ビワ葉エキスなどがあります。
このような成分を含んだシャンプーを、積極的に活用しましょう。

髪の毛の抜け毛についてまとめ

人は正常な状態であれば抜け毛は1日に100本程度であり、抜けやすいと言われる秋でもせいぜい300本くらいまでです。
髪の毛が常日頃から500本以上抜ける方は、AGAを疑う必要があります。
AGAの場合は抜け毛の毛根を見てチェックを行い、必要に応じて育毛シャンプーと育毛剤でケアをしてください。