地域セミナーin北海道 〜開催日:2014年1月29日(水)

開催概要

開催日 2014年1月29日(水) (開場12:30)13:00〜17:45  交流会18:00〜19:00
目 的  北海道においては、「北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区」の実践により、豊富な農林水産資源を活かした新産業を創出し、食の付加価値の向上と国際競争力の強化を図っています。そのために、食と医によるヘルスイノベーションの展開を推進しており、全国に先駆け北海道独自の食品機能性表示制度を創設しました。  本セミナーでは、全国各地域で取り組まれている医農商工連携の取組みについて、事業化に向けた資金供給、事業性評価、地域間連携等について、その意義と効果、課題を共有化することを目的に、有識者による講演と地域での実践報告、さらには参加者によるグループワークを実施し、情報の共有化と参加者のネットワーク化を図ることを目的に開催します。
対 象 全国の産業支援機関、自治体、大学等、金融機関及び商工関係者を対象
会 場 TKP札幌駅カンファレンスセンター カンファレンスルーム3C 地図はこちら
  • JR函館本線札幌駅北口 徒歩2分
  • 札幌市営地下鉄南北線さっぽろ駅16番出口 徒歩1分

     ※会場には、できるだけ公共交通機関をご利用下さい。
主 催 一般財団法人日本立地センター、全国イノベーション推進機関ネットワーク
後援(予定) 文部科学省、農林水産省、経済産業省、北海道、札幌市、公益財団法人北海道科学技術総合振興センター、一般財団法人さっぽろ産業振興財団、JPBM(一般財団法人日本中小企業経営支援専門家協会)、全国地方新聞社連合会
定 員 第1部 講演会     100名
第2部 グループワーク 40名程度
参 加 無料
交流会(希望者のみ) 会費:3,500円  会場:TKPガーデンシティ札幌きょうさいサロン

参加申込み

         当日、会場まで直接お越しください。

パンフレット

        PDFパンフレット[397KB]         

講師紹介

基調講演
「医学的根拠に基づく付加価値創造プラットホーム構築と地域活性化への取組」
 西村 訓弘 氏


三重大学副学長、大学院 医学系研究科教授
 民間研究所の研究員を経て北海道大学発バイオベンチャー企業の代表取締役社長、北海道バイオ産業クラスター・フォーラムのクラスター・マネージャーを務めた。 現在、三重大学副学長として大学の社会連携活動を牽引する。「みえ“食発・地域イノベーション”創造拠点」を三重県との連携で立ち上げ、農業及び農業製品の新たなビジネスモデルづくりを多彩に展開中。
事例報告@
「健康科学・医療融合拠点の形成を目指して-さっぽろヘルスイノベーション'Smart-H'」
 西岡 純二 氏


公益財団法人北海道科学技術総合振興センター 常務理事
  
事例報告A
「研究成果の事業化にむけたファンド活用」
 塚崎 敏久 氏


公益財団法人北海道中小企業総合支援センター 産業育成部 課長
  
事例報告B
「北海道食品機能性表示制度の取り組み」
 矢野 伸一 氏


一般社団法人北海道食産業総合振興機構(フード特区機構) 企画総務部 次長
  
(講師プロフィールについては、HPなどを参考に事務局が作成しました)

会場地図

TKP札幌駅カンファレンスセンター
    (〒060-0807 北海道札幌市北区北7条西2-9 ベルヴュオフィス札幌3F
     TEL:011-252-3165)
     ※会場には、できるだけ公共交通機関をご利用下さい。

  
大きな地図で見る

本件に関する問い合わせ

一般財団法人日本立地センター 新事業支援部
Tel 03-3518-8973 Fax 03-3518-8964 Email : innova@jilc.or.jp
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1丁目8番地11 東京YWCA会館8階
このページの先頭へ▲
全国イノベーション推進機関ネットワーク事務局
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-8-11
東京YWCA会館8F (一財)日本立地センター内 Tel 03-3518-8973 Fax 03-3518-8970 Email : innova@jilc.or.jp
Copyright (C) 2011 IINJ All Rights Reserved.